プロフェッショナル

大病院に月1ペースで通うようになって出来た楽しみがふたつある。ひとつは院内ドトールでのひと息。もうひとつは採血のお方と巡りあうこと。大病院なので採血コーナーも例のごとく待ち人は多い。4ブースくらいある採血レーンの前で待っていると順繰り呼ばれて、ナースさんがさっさと採血してくれる。この流れ作業を見事な針さばき?であっというまにやってしまう必殺仕事人がいる。といっても他のブースのナースさんと同じことをおっしゃり、なさる。採血しちゃだめな腕はないですか。採血で気分悪くなったことないですか。消毒かぶれないですか。服の上から腕締めていいですか。ちくっとしますよ。気分悪くないですか。もうちょっとの我慢ですよ。はい抜きますよちくっとしますよ。お待たせしました。テープかぶれしませんか。しばらく強く押さえてください。お疲れ様でした。採尿へどうぞ。すべて型どおりなのになぜこのお方の採血はこれほどまでに心地よいのであろうか。まず全く痛くない。そしてラジオ深夜便のような落ち着いた心地よい声。さらに声かけのタイミングが絶妙で。たぶんちょっとした違いだけなんです。ほんとに微妙なタイミングの違いとか\xB8

貳琛慮世げ鵑靴箸ʔ∪爾良従陲箸ʔ◀任發修譴❶△修譴ⓑ膸㯃C躰佑Δ燭譴討襪里砲曚鵑筏な❹茲唎覆辰篤❺撻灰撻海ě蕕い辰憧遒鵑任靴泙ι垰弋帖↗僉璽侫Д唫箸覆鵑任后◉笋❹い洌貳崙瓦譴訖Χ箸任后⦿侶譽廛蹇\xA3