【スパコン不正受給】「どんな審査したのか」 業界関係者、助成の審査疑問視

スパコン不正受給】「どんな審査したのか」 業界関係者、助成の審査疑問視

#探偵#企業調査員#の独り言

審査内容は書類が整っていて、内容が客観的に見て問題なければ

それで大丈夫だ!ただし、性善説での話だ、これは、悪意ある第三者には通用しない!

a href=http://www.eco-workresearch.com/ target=_blank名古屋総合調査/a

a href=https://www.futei-furin-uwak.com/font size=4 color=#0000FFb業界最安値!完全定額!浮気調査/b/font/a

a href=http://www.nagoya-uwaki.com/有難うと言うわれる探偵社/a

a href=http://www.ecoworknagoya.com/font size=4 color=#0000FFb相続、債権回収 裁判証拠 総合調査 名古屋エコワークリサーチ/b/font/a

a href=https://www.saiken-kaishu.com/font size=4 color=#0000FFb成功報酬型 債権回収調査/b/font/a

斉藤元章容疑者が経営に携わっていたスーパーコンピューター関連会社には、立件された助成金を含め、これまでに国から計約100億円の資金投入が決まっていた。業界内では、助成金の審査基準を疑問視する声も出ている。

 斉藤容疑者が「PEZY Computing」を設立したのは平成22年1月。新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)が最初の助成金採択を決定したのは、設立からわずか半年後の7月だった。

 その後29年度までに5事業で総額約35億円の助成金NEDOから受けたほか、関連会社にも数億円の助成金が支払われている。さらに文部科学省所管の科学技術振興機構(JST)から約60億円の無利子融資が認められ、すでに約52億円が融資されている。

 NEDO助成金をめぐっては、過去にも同様の手口の不正受給が相次いでいる。スパコン業界の関係者は「NEDOの審査基準はハードルが高いと思っていたが、ペジー社にはポンポンと助成金を出していた。いったいどんな審査をしたのか」と疑問視する。

 NEDO産経新聞の取材に対し、「適正に審査して採択を決定した。書類や現物(スパコン)の確認もしている」と説明する一方、「どのような経緯で採択を決定したかは公表していない」としている。

 斉藤容疑者は政府の有識者会議で委員を務めていたほか、安倍晋三政権に詳しいとされるジャーナリストとともに、人工知能関連の一般財団法人の理事にも名を連ねていた。

 28年7月には、理化学研究所に設置されているスパコンを視察した麻生太郎副総理兼財務相を案内しており、野党はこうした点を踏まえ、今後の国会で安倍政権とのつながりなどを追及する構えを示している。

script src=