ベビーカーでひやっとした

賛否両論!親だって気にしてる公共機関のベビーカー問題生の声

電車内など公共の交通機関でのベビーカー使用には様な課題があって、メディアでも取り上げられることが続きを読むアメーバニュース

ベビーカーを使っている人も周囲を気にしているというお話。そりゃあそうでしょう。ベビーカーについては、邪魔論もあるらしく、ときどき話題になります。

それについて、知り合いブログの記事があったなと検索してみました。村野瀬玲奈、ベビーカーでググったの

外出時ベビーカーに幼子を乗せる親に向けられる一般人の揶揄こそが、子育ての邪魔であり迷惑である。プレジデント誌PreOnlinePremagの外部ライターコラムがひどいので不買宣言する件。リンク

村野瀬玲奈さんの他にもベビーカーの迷惑を言い立てることに批判的な行きつけブログがあったから、時折、迷惑論が出てきて目立つのでしょう。

親はちゃんとおんぶや抱っこをして子供を扱え。ベビーカーなど愛情に欠ける、なんて論者がいたらまじまじ顔を見てしまうでしょうが、ただ、わたしはベビーカーによる被害体験があるよ。

村野瀬玲奈さんの記事が出るよりは前のこと。東急東横線の車両に人に続いて乗り込んだのですよ。混んでいる電車です。そうしたら、入り口から1メートルほどのところにあったベビーカーの車輪にけつまづいてつんのめった。そしてベビーカーより先の、反対側のドアの端に立っていた女性の顔に手をついたというか反射的に出した手が当たった。目より少し下だったけど、あれで目に指でも入ったら大ごとだと、ひやっととしました。

大きなベビーカーをたたまずにそのまま乗っていたのは、多分父親なんでしょう。がっちりした男の人。母親もいたのだろうと思います。前に乗る人の背中を見て乗り込んで、ベビーカーの車輪は父親と思しき人よりも少し横に出ていて、人のいないと思っていたところに障害物があったので気づきませんでした。それでも、顔に手が当たった女性に怪我でもさせていたら、わたしの注意義務違反は問われるけど、ベビーカーの責任は問われないだろうな、と思うと、ちょっと恨めしい感じがしました。

あれだけ堂と混んだ車内でベビーカーを広げている人って、前にも後にも見たことない。

電車に乗り込むとき、足元に障害物がないか、最新の注意を払って乗り込む人ばかりだとも思えません。

もちろん、ベビーカーだけでなく、高校生やなんかのでかバッグかなんかが床に置いてあったら、やっぱり躓いたでしょうね。さすがに座席シートの前の自分の足元でもなければ、大きな荷物を床に置く人は少ないでしょうけど、ベビーカーというのは、斜め下の方に車輪が出ているから、けっこう盲点だと思います。

でかバッグだと、今どきの若いものは人の迷惑を考えないと叩かれそうな気がしますが、ベビーカーだと風当たりは強いのかどうか。

子ども連れは傍若無人だと憤る人って結構いそうだから、ベビーカー迷惑論も一定の支持は得そうです。

ただ、他人の迷惑も考えずにと説教モードで批判するより、具体的に危ない事例をあげるほうが生産的だと思い、自分の経験を記しておきます。