ロクでなし魔術講師と追想日誌2(富士見ファンタジア文庫)

こんにちは、暑いですね。

そろそろコミケも近くなっており楽しみでしょうがないですね。

友達と技術書を漁りに行くのですが、これって少しおかしいですかね?

自分としてはQtあるって聞いた時点で行くの確定レベルなんですけどね。

夏にやろうやろうと思ってたけど結局できなさそうだなこれ。

では今回紹介する本はこちらです。

ロクでなし魔術講師と追想日誌2(ファンタジア文庫)

Amazon

あらすじ

リィエルのバイト生活、潜入捜査アルベルトの七変化、システィーナの記憶喪失など、ますます混迷を極める魔術学院の日常!そして明かされる愚者の世界誕生秘話。書き下ろしエピソードはグレンの学生時代!

春アニメのやつですね。

基本的に本編の方は殺伐とした話も多いのですが、外伝の方はとても面白いですね。

主な構成としては、基本的に8割ネタで2割過去話くらいですかね。

ネタの部分は外伝ということで、作者がホントに楽しんで書いているんだなってことがこっちにも伝わってきて、こっちも楽しくなってきますね。

特に今回でいったらアルベルトの回が本当に面白かったですね。

俺が何かと勘違い系が好きなので、その影響でしょうか?

ああいう堅物ほど真面目に勘違いするからねえ。

ギャップ萌ってやつ?いや、なんか違うな。

8月中には本編の第9巻だっけな、そのあたりが出ますね。

自分、amazonにまとめて配送にしてしまったから残念なことになっております。

ちょっと届くの遅くなりそうだけど早く読みたいなあ。

フェジテ最悪の三日間とかいうあらすじ気になりすぎる。

ということで今回はこの辺で

writtenby